天体写真家・中西昭雄と行く 微笑みの国ミャンマー・ふたご座流星群観察の旅

ふたご座流星群とは

ふたご座流星群流星群とは、1年のうち決まった日に、決まった方向から沢山の流れ星が出現する現象です。特に8月のペルセウス座流星群と12月のふたご座流星群は流れ星の出現数が多く、1時間あたり多いときは50~100個程度の流れ星が見られます。今年のふたご座流星群は下限の月にあたるため、夜半前は月の影響を全く受けず、夜半後もそれほど月が大きくないため、まずまずの好条件です。12月のミャンマーは乾季にあたり、見られる可能性が非常に高くなります。


※ふたご座流星群は、天候によっては観察できない可能性があります。

ミャンマー概要・見どころ・その他

パゴダが立ち並ぶ古都・バガン

バガンの情景

カ ンボジアのアンコール・ワット、インドネシアのボロブドゥールと共に世界3大仏教遺跡に数えられる古都バガン。11~13世紀にかけて都として繁栄したこの地には大小合わせて2800もの仏塔(パゴダ)が立ち並んでいます。この地に2連泊し、壮大な仏教遺跡群の中で美しい星空とふたご座流星群をゆっくり観察します。

中心都市・ヤンゴン

ヤンゴンの情景ミャンマー最大都市で経済の中心地であるかつての首都・ヤンゴン(ラングーン)。人口500万人を超え、急速に発展を続けるヤンゴンの今をご覧いただきます。

ミャンマー国旗 正式国名:

ミャンマー連邦共和国
(Republic of the Union of Myanmar)

面積: 680000 平方キロメートル(日本の約 1.8 倍)
人口: 6,370 万人(2012/13 年推計)
民族: ビルマ族(約 70%)他多くの少数民族
宗教: 仏教(90%)、キリスト教、イスラム教等
首都: ネピドー
原語: ミャンマー語

古都・ バガンで気球体験!

オプショナルツ アーの気球体験【オプショナルツ アーのご案内】
バガ ンに立ち並ぶ数多くの仏塔(パゴダ)群を気球に乗って上空から展望する絶景の気球体験です。ご希望の方はお申込み時にお伝 えください。


*飛行時間 : 約1時間
*実費(現地払い) : 310米ドル
*当日の天候によっては実施できない場合があります。予めご了承下さい。


その他

2012年撮影の小学校訪問◉ 4日目に訪問予定の小学校にて(2012年12月撮影)







◉ 敬虔な仏教国として今もっとも世界で注目を浴びる国の一つミャンマー。中心都市ヤンゴンとパゴダが立ち並ぶ古都バガンを巡る充実の日程です。

◉ 旅の最大の目的はバガンでの星空観察とふたご座流星群の観察。訪問時期は乾季にあたり晴天と満天の星空が期待できます。雄大な遺跡をシルエットにし、安全に星空観察や撮影が出来るのは世界中でこの地・バガンだけといっても過言ではありません。ゆっくりと観察・撮影をお楽しみください。

◉ 日本を代表する天体写真家・中西昭雄氏が講師として同行する星空観察や撮影を存分に満喫していただける旅です。株式会社ビクセンからもスタッフがコーディネーターとして同行します。もちろん未経験の方にも中西氏やビクセンスタッフから詳しくレクチャーさせていただきますのでお気軽に、安心してご参加いただけます。

◉ 旅の後半では中西昭雄氏が支援を続けるヤンゴン郊の素朴な村の小学校を訪問し、生徒たちとの交流会を開催します。中西氏と共に行くからこそ訪れることが出来る村で素朴なミャンマーの生活や子供たちの笑顔との出会いもお楽しみいただきます。

◉ 株式会社ビクセンから星空観察用の双眼鏡や星空撮影雲台・ポラリエを用意していただき、現地にて皆さまにお使いいただきます。6名様から催行。満天の星空とふたご座流星群を観察できる15名様限定の特別企画です。この機会にぜひご参加ください。

※乾季で晴天率の高いベストシーズンに設定しておりますが天候状況によっては星空観察やふたご座流星群の観察ができないこともあります。予めご了承の上お申し込みください。

▲ ページの先頭へ

日程表・旅行期間・旅行代金

日程表

  日付 都市名 時刻 スケジュール 食事
1 12/12(金) 東京/成田
ヤンゴン
11:45
17:15
【月齢 20】
午後の直行便にてミャンマーの中心都市・ヤンゴンへ向かいます。着後、ホテルへ。
(ヤンゴン:インヤレイクホテル泊予定)
朝:✕
昼:✕
夜:〇
2 12/13(土) ヤンゴン
バカン
【月齢 21】
朝の国内線にて古都バガンへ向かいます。着後、バガンのパゴダ(パヤー)群をゆっくりと見学します(アーナンダ寺院、スラマニ寺院等)。
夕方、シュエサンドー寺院からパゴダ群に沈む夕日を鑑賞します。
◙ 夜、星空観察とふたご座流星群を観察(23時半ごろまで)
◙ ご希望の方は早朝まで引き続きふたご座流星群を観察します。
(バガン:バガンタンテホテル泊予定)
朝:〇
昼:〇
夜:〇
3 12/14(日) バカン   【月齢 22・下弦】
● オプショナル
早朝、熱気球にてバガンのパゴダ群を上空から見学します(約1時間)
午前中、休養及び自由行動。
午後は馬車に乗ってバガンのパゴダ群を見学します。夕食はバガン伝統の操り人形劇を鑑賞しながらミャンマー料理をご賞味いただきます。
夜、星空観察とふたご座流星群を観察(23時半ごろまで)
ご希望の方は早朝まで引き続きふたご座流星群を観察します。
(バガン:バガンタンテホテル泊予定)
朝:〇
昼:〇
夜:〇
4 12/15(月) バカン
ヤンゴン
午前 午前の便にてヤンゴンへ戻ります。着後、専用車とボートにて郊外の村を 訪問し、村の小学校で子供たちとの交流会をお楽しみいただきます。
夕方、ヤンゴンへ戻ります。
(ヤンゴン:インヤレイクホテル泊予定)
朝:〇
昼:〇
夜:〇
5 12/16(火) ヤンゴン 22:10 午前中、休養及び自由行動。
午後、ヤンゴン市内観光へご案内します(シュエダゴン・パゴダ、アウンサン・マーケット、チャウッタージー・パゴダ等)。
夜の便にて帰国の途に就きます。
(機中泊)
朝:〇
昼:〇
夜:〇
6 12/17(水) 東京/成田 06:45 着後、解散。  

旅行期間・旅行代金

旅行期間: 2014年12月12日(金)~12月17日(水) 6日間
旅行代金: 298,000円 ※大人お一人様・2名で一室ご利用
◙ 御一人部屋使用料: 38,000円
◙ 東京・成田空港発着  ◙ ミャンマー査証代実費:3,000円  ◙ 査証代取得手数料:4,000円(税込み)
◙ 株式会社ビクセンの都築氏がコーディネーターとして、天体写真家・中西昭雄氏が講師として同行します。
◙ 最小催行人員: 6名様 ※15名様限定 (15名様のご参加で別途添乗員が同行します。)

*上記旅行代金には燃油サーチャージ、航空保険料、海外での空港使用料(約 32,000 円相当)が含まれております。
*大阪・名古屋・福岡・札幌など各地からのご出発も可能です。ご希望の方はお申し込み時にその旨お伝えください。
 詳しい状況、行程等ご案内させていただきます。
*ご旅行終了後、別途手配にて現地に残り、ミャンマーの他の観光地を訪問する事も可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。
*日程表明記のホテルに宿泊予定ですが、確定ホテルはご出発前にお送りする旅のしおりでご案内させていただきます。